1. >>
  2. >>
  3. 犬と車酔い

犬と車酔い

投稿者:

どうしても車酔いをしてしまうという犬には

犬と一緒に生活をしていると、たまには自宅以外の場所に一緒に出掛けて遊んであげたくなります。

最近は都内でもドッグランができる公園が増えてきているので、犬と一緒のおでかけスポットもそれほど困ることなく探すことができます。

しかしそんな長距離の移動をするときに避けられないのが自動車での移動です。

よく車の窓やサンルーフから顔を覗かせている犬を見かけたりしますが、犬の中には車に乗せるとすぐに車酔いを起こしてしまい体調を崩してしまうものもいます。

犬が車酔いの状態になったときには、あくびを頻繁にするようになったり、普段以上によだれを垂らすといったことが起こります。

ひどいときにはぐったりとして嘔吐や下痢をしてしまうようなこともあります。

車内で犬が嘔吐をしてしまうと後片付けもかなり大変になってしまいますので、まだ車に乗ることに慣れていない時にはいきなり座席などに入れることはせず専用のクレートやケージに入れておくのがよいかもしれません。

普段は自動車に乗れなくてもそれほど問題はないとしても、病気や予防接種で動物病院に行くときや自然災害により避難しなければならなくなった時には困ったことになってしまうのでできたら幼犬のうちから少しずつ車に乗れるようにトレーニングをしておきたいですね。

不安や緊張を取り除いて安心して乗れるようにする

なぜ犬が車酔いをしてしまうかというと、それはやはり普段とは全く違った環境に置かれるという不安や緊張があるためです。

車内はどんなに大きな車でも普段生活している住宅や屋外に比べれば狭く、閉鎖的な圧迫感があります。

さらに移動をすると体験したことのなかった振動があり、他にも慣れない臭いや空気の動き、音などがあるためそうしたものが体調を狂わせてしまうことになります。

よくあるのが生まれて初めて自動車に乗った時の行き先が動物病院で、そこで注射や痛みのある治療など嫌な記憶がついてしまっていることによる車酔いです。

一度嫌なイメージがついてしまうと、車に乗ることがそのままストレスの記憶につながるので、なかなか克服をすることができなくなってしまいます。

そうした意味もあるので普段から車に乗せるという訓練は重要となってきます。

また密閉された空間である自動車の中では室内よりも臭いがこもりやすく、嗅覚の鋭い犬にとってはストレスの強い場所になってしまうこともあります。

タバコの残り香や車内の芳香剤、お菓子などの食べかすの臭いは特に強くしみつくものなので、犬を乗せる前には臭いのケアもしっかり行っていきたいところです。

慣れてきたら電車やバスでの移動もしてみましょう

自動車に乗り慣れた犬はクレートやケージに入れなくても、座席でおとなしく待つことができるようになります。

ちなみに車内の犬について道路交通法上何か違反になることはないかという質問がよく聞かれるのですが、法律上犬は「荷物」と同じ扱いとなるのでどこにどんなふうに固定しなければいけないというようなはっきりした決まりがあるわけではありません。

しかし例えば運転中に犬が暴れたために運転手が事故を起こしてしまったというような場合などは100%運転手の責任となるので、やはりしっかりしつけをするかもしくは危険がないようにクレートなどに入れておく方が安全と言えます。

クレートは車載用のものの他、持ち運びができる小さなタイプもあります。

そうしたものを使用することで自分の運転する自動車以外のバスや電車など公共交通機関にも乗ることができます。

ただしそうした公共交通機関に乗る場合には動物の体の一部が表に出ることがないように必ず密閉しなくてはならないようになっています。

電車やバスの中には動物アレルギーがある人もいますし、中には心理的に非常に嫌悪感を持っている人もいるかもしれません。

暴れたり鳴いたりすることがないよう、少しずつ練習して乗れる乗り物を増やしていってください。