1. >>
  2. >>
  3. 犬の寒がっているサイン

犬の寒がっているサイン

投稿者:

犬は寒い場所に本当に強いのか?

童謡「雪」では歌詞の中で「犬は喜び庭駆けまわり、猫はこたつで丸くなる」という一節があります。

そのため世間一般的なイメージとして、犬は寒さに強く、ネコは寒さに弱いという思い込みが持たれていたりします。

しかし実際には全ての犬が寒いところでも平気で運動をすることができるというわけではありません。

特に最近流行の小型犬はネコ以上に寒さに弱いという犬種もあり、滅多に外に出ることのない家犬の場合などには急に寒いところに連れ出すとあっという間に体調を崩してしまうなんていうこともあります。

今時の常識では小型犬の散歩をするとき、雨の日や寒い時期にはレインコートなど防寒具を着せる方がよいとされています。

柴犬は中型犬であり日本で長く飼われてきた歴史があることから比較的寒さには強いと言われます。

実際北海道などで飼われている柴犬の中には氷点下数十℃にもなるような環境でも生活をしている例が見られています。

しかしいくら寒さに強い犬種といっても、普段はずっと温かい室内にいるという室内犬はいきなり寒いところに連れ出せばやはり寒いと感じてしまいます。

ずっと寒いと感じるような環境に置かれた犬はストレスをためてしまい、寿命を短くしてしまうという傾向もあるので注意が必要です。

犬も寒いときには震えます

犬が寒がっているかどうかのサインとしては、まず体が震えていないかということがあります。

人間も急に寒いところに行くと体がブルブルと震え歯の根が合わなくなりますが、同じように犬も体が小刻みに震えてしまいます。

また体を丸めて動きたがらなかったり、物陰など少しでも風や外気を防げるところに移動したがるということも寒がっている犬の特徴です。

柴犬は他の犬と比較して表情が豊かな犬としてもよく知られますが、散歩に行こうとするときに抵抗したり、逃げるような素振りを見せているときにはやはり寒くて外に出たくないと考えていると推測できます。

どうしても寒がっている場合には小型犬同様洋服を着せてあげたり、犬小屋に毛布やヒーターを置いてあげるなどしてください。