1. >>
  2. >>
  3. 犬の多頭飼い

犬の多頭飼い

投稿者:

犬は群れの中での立場を大事にする動物

犬好きにとっては、たくさんの犬に囲まれながら生活をする環境は一度は憧れるものです。

戸建て住宅に住んでいて複数の犬が生活していくための環境を整えることができるという人なら、何匹か個性の違う犬を飼ってみるというのものよいと思います。

ですがそんな多頭飼いをするときに気をつけたいのが、犬はどんな犬種でも上下関係を重視する動物であるという性質です。

つまり人間と犬である自分だけの生活では主人は人間でそれに従うのが自分という意識が自然とできあがりますが、そこに他の犬が入り込むことでもう一匹の犬との間での上下関係が必要になってくるのです。

このときの関係づくりがうまくいかないと一緒に生活する犬同士でケンカをしたり、場合によってはストレスのため片一方だけが体調を崩してしまうようなこともあります。

犬を多頭飼いするときには犬同士の関係構築に丸投げをするのではなく、きちんと主人としてその間に立って円滑な関係を築けるようにしていく必要があります。

犬は犬種によって基本的な性格が違うばかりでなく、個体によって強い個性を出すこともあるのでそうした性質を踏まえて対応をしていきましょう。

先住犬を立ててうまくしつけをしていく

とはいえ犬同士の上下関係は面倒くさいことばかりではありません。

先に家にいる犬のことを「先住犬」と言いますが、これは言ってみれば会社における上司や先輩にあたるもので、その家という生活環境のことをよく理解している存在となっています。

新たに飼われるようになった犬が子犬の場合などはまず室内でのトイレのルールや食事の方法などについて一通り覚えないといけないところ、先住犬がおりきちんとそのルールを徹底しているところを見せることで特に人間がしつけをしなくても自然に覚えていってくれたりします。

一般的に犬は先住犬を立てて順番を守るという行動をとっていきますが、子犬のうちはそれがよくわからず先住犬よりも先にエサを食べたり水を飲んだりし、そのことからケンカが起こるということもよくあります。

犬同士がケンカをしているところを見ると人間としてはすぐに止めたくなってしまうところですが、犬などの動物はそうした同族同士のケンカを通して噛みつく強さや体の動かし方を学ぶこともあるので、よほどひどいケンカとなる場合以外はあまり介入はせずお互い納得できる関係を構築できるように見守っていきます。

一度叱られた子犬の大半はそのことによって順番を覚え、自然に上下関係を実践することができるようになります。

多頭飼いを始めるのに適したタイミング

多頭飼いを初めて行うなら、それに適したタイミングで行うのがおすすめです。

例えばほぼ同時期に未去勢のオス犬を同時に飼いはじめた場合などは、常にライバル関係にあることから激しくいがみ合う関係になってしまうということがよくあります。

基本的に犬は同性の犬に対して敵意を持つことが多いので、飼うときは年齢や体の大きさが全く違うか、年齢が近いなら性別が異なる犬にした方がよいようです。

時期的には先住犬が小型犬~中型犬なら2歳を超えてから、大型犬なら3歳を超えてから新たに迎え入れるのがよいとされています。

これは小型犬~中型犬は2歳、大型犬は3歳くらいになってようやく大人としての振る舞いができる落ち着きを持つことができるからで、そのくらいになると子犬が入ってきたときにきちんとルールを教えたり仲間に入れたりといったリーダー的な行動を期待することができます。