1. >>
  2. >>
  3. 犬の歩き

犬の歩き

投稿者:

犬の足の構造

犬は前足と後ろ足の4本の足を使って歩行や走行をするわけですが、例えば人間が犬のように四つん這いになったからといって同じように歩きまわることはできません。

これは犬と人間が全く骨格の仕組みを異ならせているからです。

犬の前足をよく見てみると爪先は4つに分かれていることがわかります。

あたかも指が4本しかないかのように思えるところですがもっと丁寧に前足を見てみると地面についていないちょっと上の人間で言う手首のあたりに小さな爪がついていることにも気がつけます。

実はこの上にある飛び出した爪のようなものは人間でいう親指にあたるもので、レントゲンをとってみると足全体の約1/4くらいの長さのあたりから骨が5本に分かれているのがわかります。

つまり犬が普段立ち上がった体勢をとっているとき、手のひら全体をついているのではなく4本の指先のみで身体を支え、親指を宙に浮かせた状態になっているということになります。

この前足にある5本目の指(爪)のことを「狼爪(おおかみづめ・ろうそう)」といい、前足のみで後ろ足にはありません。

犬の種類によって異なる足の形

ただし犬の種類によってはこの「狼爪」が後ろ足にもある場合があります。

絶対にあるというわけではないのですが、犬種としてはグレート・ピレニーズやブリアードといった種類のものに比較的よく見られ、他の犬種であっても時々現れることもあったりします。

後ろ足にある狼爪は歩行には全く役に立たず、あったとしてもただぶらんとぶら下がるようにして爪が伸びるのみです。

むしろ狼爪があると爪が伸びた時に後ろ足に食い込んで怪我をしてしまったりするので、生まれてすぐに狼爪があることがわかると外科手術で切除をするのが普通です。

なぜそのように指先だけで立ったり歩いたりするようになったかというと、それはやはり高い運動能力を発揮できるようにするためです。

犬のように爪先だけで立ったり移動をしたりする動物のことを「趾行動物(しこうどうぶつ)」といい、猫やトラ、鳥類がこれにあたります。

反対に指全てを地面につけて立ったり歩いたりする動物もおり、それらは「蹠行動物(せきこう・しょうこう動物)」といいます。

こちらの代表的な動物としてはクマやパンダ、人間がおり大きな身体を安定的に支えるのに有利になっています。

犬は歩き方で感情を示すことも

人間は他者とコミュニケーションをとるときに主に利用するのは発声ですが、犬の場合は言語が使えませんので、他の犬や人間とコミュニケーションをとろうとするときには身体全体の動作を用いることになります。

その中の一つが歩行であり、どんな早さや動きで歩いているかをよく見てみるとその犬が今何を伝えようとしているかがわかります。

例えば他の犬の近くにいくときに突然動作をゆっくりにしてしまったりするときなどは、目の前の犬に対しこちらが敵意を持っていないことを示しているといいます。

散歩をしていると、リードの範囲内でまっすぐではなく丸く歩いたりすることもあったりします。

犬の気持ちを理解するためにはまずはその歩き方にどんな変化があるかということをよく観察してみてください。