1. >>
  2. >>
  3. ドッグフード(サイエンスダイエット)で毛つやが変化した?!
サイエンスダイエット
サイエンスダイエット

ドッグフード(サイエンスダイエット)で毛つやが変化した?!

投稿者:

毛のツヤはドッグフードによっても変わってくる

毎日与えるドッグフードというのは、愛犬の健康状態にいろいろな影響を与えます。
体調そのものにも影響しますが、特に毛のツヤに影響を与えることが多く、良いドッグフードをあげるようにすると、ツヤがどんどん出てきます。
毛はかなり速いスピードで更新されて行きますので、栄養状態の違いによる差が出やすく、周りから見てもすぐに分かるのです。

ドッグフードはたくさんの種類が販売されていて、そのコンセプトも実際に配合されている栄養分、使われている材料もかなり異なります。
値段にも大きな違いがあって、材料の質や加工プロセスの違いなどがダイレクトに出てくるのも特徴です。
愛犬がいつも元気で、そしてきれいな状態でいてくれるように、ドッグフードにも気を遣いたいものです。

サイエンスダイエットをあげることで毛ツヤが良くなってくる

いろいろなドッグフードがありますが、サイエンスダイエットをあげることで毛のツヤが良くなってくると実感する人が多くいます。
被毛は時期に応じて生え変わってきますが、そのタイミングで毛のツヤが大きく変化する様子を見ることができるでしょう。
一度今までの毛が抜け落ちて、新しい毛が生えてくると、今度はより栄養バランスの良いドッグフードの影響を受けて質の良い毛が生えてくるのです。

抜け落ちの前の毛質は、どちらかというとバサバサしていて、毛玉になりやすい状態であったものが、生え変わりのタイミングで毛にツヤが見えるようになり、ハリとコシが出てきます。
そして、ピンと毛が生えてきますので、毛玉ができづらくなってよりケアがしやすくなるというメリットもあります。
ドッグフードによってこれまで毛質が変わるのかと思う人も多いですし、たまにしか見ないような周りの人もその違いに気づくほどです。

サイエンスダイエットは抗酸化物質が多く含まれているので細胞の更新がスムーズ

サイエンスダイエットは原材料の質や栄養バランスにこだわっているドッグフードですが、特に抗酸化物質の量が多いという特徴を持っています。
抗酸化物質とは、細胞の中に溜まった活性酸素を取り除くという働きをするものです。
細胞は時間が経つにつれ、活性酸素をため込むようになり、これが老化もしくは劣化につながっていきます。

そこで抗酸化物質を持つ食品を多く摂取することによって、細胞の活性酸素を除去し、細胞の若返りが進んでいくのです。
細胞の若返りの中でも特にその影響が出やすいのが毛ですので、すぐに毛のツヤの増加という形で影響が現れてきます。
目に見える形でこうしてドッグフードの違いが分かると、サイエンスダイエットの質の違いが理解できて、ドッグフードを変えたメリットを感じられることになります。