1. >>
  2. >>
  3. アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

投稿者:

若年期までに多いアトピー性皮膚炎

柴犬の皮膚病は多く遺伝的素因もありそうですが、再発したり、重症化したり、完治が難しくなったりすることが懸念されるのが、「犬アトピー性皮膚炎」です。
柴犬に多いこのアトピー性の皮膚炎は、完治が難しく長期にわたり痒みをコントロールすることを目指さなくてはいけません。

この病気にかかる柴犬の8割は3才までの発症とされ、若年期までの発症が多いです。
しかし、この時期に発症に気づかず、中年期以降に症状が悪化することも珍しくありませんので早期の発見と治療が必要です。

アトピー性皮膚炎の症状

症状は痒みで、早期発見のために気を付けて観察するポイントは人間同様に、「かく」「なめる」「かむ」「体をこすりつける」といった仕草で痒みを抑えようとします。
症状には季節性があり、軽度の症状では梅雨から夏にかけて、中度の症状では春~秋の終わりにかけて、重度になると年間を通じて症状が現れます。
梅雨や夏の高温で湿度の高い季節は、特に注意して観察することが必要です。
痒みを感じる場所は、目や鼻の周り、口唇、腹部、脇の下です。

アレルギー性皮膚疾患の皮膚検査

皮膚病の中で完治が難しくなりやすい「犬アトピー性皮膚炎」の疑いが持たれる場合、最初に一般皮膚検査が行われます。

また、正常な皮膚状態を維持するために、体の中では様々なホルモンが分泌され各臓器に作用しています。
内分泌ホルモン疾患を有している場合、毛が抜けたり、皮膚がフケのようにカサカサになったりする症状が現れます。
中年齢期以降の発症でわかる場合もあれば、若年齢の膿皮症がアトピー性皮膚炎に進行する場合も見られます。
治療方法のチェックの意味で、血液検査と画像診断によりホルモン系の疾患の検査が必要です。

柴犬のアトピー性皮膚炎は遺伝の関係もあり、いったん発症すると完治が困難な病気です。
痒みの程度を一定範囲内に調節してあげるのが現実的な治療となります。

具体的な治療方法

症状によって最適な治療法が選ばれることになります。
薬物療法として、抗生物質、抗ヒスタミン剤、ステロイド剤などが、スキンケアとして、シャンプー療法、薬浴治療があります。
その他にも食事療法などが有効な場合があります。

脱ステロイドと良く言われるように、副作用があり悪い薬のイメージが定着したステロイドですが、皮膚病に関して、ステロイドは大変有効で重要な薬となっています。
適切なステロイド治療は柴犬のアトピー性皮膚炎症状を確実に低減できます。
ステロイド治療を最初から除外する必要はないのです。

また、柴犬が皮膚病になりやすいのは、アトピー体質だけが原因ではなく、柴犬固有の癖も影響します。
水が苦手なことからシャンプーが不十分になりがちだったり、薬を嫌ったり、皮膚病の原因を複数抱えているのも事実です。
出来る限り、アトピー体質以外の要因を排除することも忘れないようにしましょう。