1. >>
  2. >>
  3. 膝蓋骨脱臼
膝蓋骨脱臼
膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼

投稿者:

ヒザのお皿がズレる疾患

柴犬によくみられる疾患に「膝蓋骨脱臼」があり、これは小型の犬が良く発症する疾患で、原因は遺伝であると言われます。
膝蓋骨はヒザのお皿の事で、膝蓋骨脱臼とはヒザのお皿がズレてしまう疾患です。
内側にズレる内方脱臼は、O脚の外観を呈し、外側にズレる外方脱臼は逆に、X脚の外観です。

軽度であれば症状が出ない場合もあるのですが、ズレが進むと主に痛みや腫れの症状が出ます。
犬が自分で足の屈伸をして、外れたヒザを元に戻し、飼い主が気付かないことも珍しくありません。
ただし、これを繰り返しているうちにヒザのズレが癖となってしまい、悪化につながる場合もありますので留意が必要です。

膝蓋骨脱臼を疑うべき場合

歩行中にうしろ足を時々確認し、爪先立ちで歩いたり、ウチマタで歩いたり、足を引き摺ることがあれば要注意です。
歩行中以外でも、ヒザを触ると、皿が安定しておらず、グラグラしているのが伝わるときがありますので、気付いたら早期の病院受診が必要です。

膝蓋骨脱臼の予防法

膝蓋骨脱臼の要因は、遺伝によるケースが多いのですが、後天的な原因で発症するケースもあります。
高い所からの落下や、滑って強く転倒したりしたショックでお皿がズレてしまうことがあるのです。
早期の発見と適切な治療によって慢性化を防ぐことが大切です。

この後天的な膝蓋骨脱臼の予防のためには、愛犬が高い所に飛びのったり、飛びおりたりしない環境を作ることです。
硬い路面や舗装面での激しい運動や急激な方向転換などは、ヒザに負担が大きく、悪い影響を与えてしまいます。
そのような環境を避けるとともに、仔犬時代からの躾も大切です。
室内でも同様で、転倒の危険が無いように、滑りやすいモノを床に置かないように注意しましょう。

また、ヒザに過重な負担がかからないために、肥満とならないよう食事管理・体重管理も重要です。
適度な運動は、体重管理に加えてヒザ周りの筋肉を付けることにも有効です。

膝蓋骨脱臼の治療法

膝蓋骨脱臼には症状により段階が1~4まで分けてあります。
段階1は、お皿が脱臼してもそのうち元に戻るので気がつかないレベルで、段階2は歩行中にときおり「お皿」が外れ、脚を浮かせて歩くなどの異常が見られます。
段階3に進むと、お皿が良く外れ、外れた側の足を浮かせるようにして歩いたり、ヒザを折ったまま歩行し、段階4に進むとお皿がいつも外れた状態で3足歩行や歩行困難に至ります。

治療方法には運動療法のほか、内科的・外科的療法があり、症状の段階が1~2の場合は運動療法が有効で、ヒザ関節周囲の筋肉を鍛える運動やマッサージが中心です。
段階3以上に進むと外科的手術が必要となります。
いずれにしても早期に発見して、獣医師と相談の上、適切な処置をすることが有効です。