1. >>
  2. >>
  3. 食餌アレルギー
食餌アレルギー
食餌アレルギー

食餌アレルギー

投稿者:

柴犬とアレルギー

柴犬は他の犬種と比較すれば皮膚の疾患に細かく注意する必要はないと言われます。
しかし、柴犬は遺伝的な要因からアレルギー性の皮膚炎にはかかりやすい傾向にあり、留意してあげるのが大切です。
柴犬が良くかかりがちなアレルギー性の疾患は、アトピー性皮膚炎と食餌アレルギーです。

そのうち、アトピー性皮膚炎は遺伝性の炎症疾患で様々な環境中のアレルゲン(アレルギー症状の元になる原因物質)に反応してアレルギーを引き起こします。
気候やpm2.5などの大気汚染、食生活、過重なストレスが犬の体に悪い影響を与えて、症状を重篤化させることもあります。

この皮膚炎の主症状は痒みで、痒みを感じやすい部位は、眼や鼻の周囲、脇の下などに症状が出やすいです。
人間と同じように、掻いたり、噛んだり、体を柱などに擦り付けたりして、痒みを抑えようとする仕草を見せたら、アトピー性皮膚炎の疑いがあります。

軽度の時期は、高温多湿の時期などを中心に季節性があるのですが、重症化するとカユミが慢性化し、通年でカユミを感じるようになります。
病院での治療には、投薬治療、スキンケアあるいは免疫治療やアレルギー注射がなされる場合もあります。

メカニズムが解明されていない食餌アレルギー

一方、食餌アレルギーは毎日、同種の食事を長い年月食べている犬が発症しやすい疾患です。
発症するイヌの年齢は2才以上に集中しています。
食餌アレルギーは、その仕組みがまだ解明されておらず、遺伝的なものや環境因子など不確かな原因も多く、個別の予防は困難です。
発症してしまった場合には、アニマルホスピタルで抗体検査をして、疾患の原因となっている食材を見つけ出して摂取する食事から除外しなくてはなりません。

食餌アレルギーの初期症状は痒みで、その後、抜け毛、くしゃみ、消化器系の不調などに進みます。
通年で痒みを感じる、口や眼の周囲、背中等に炎症が起きる、などの症状が現れたら、食物アレルギーの疑いが持たれます。

食物アレルギーの場合は、食品中のタンパク質が主な要因ですが、どのタンパク質が要因かの特定は個体によって異なりますので、検査が必要です。

通常のドッグフードは食餌アレルギーのアレルゲン(抗体)となりうる物質を含みます。
アレルゲンになりうる食べ物は、牛肉、小麦、卵、添加物など多岐にわたり、ペットフードの場合特定の食材を除外することは容易ではないのですが、検査をして食事を考慮しなくてはいけません。

治療方法と効果的な方法

検査の結果、アレルゲンが判明すれば、その物質が入らない食事に切り替えることにより、アレルギーの発症を鎮めることが可能です。
余裕があれば手作りのメニューを与えたり、高品質なナチュラル食材を与えたりするのも有効です。

ヨーグルトや納豆などの発酵系食品が含む微生物も消化器系に良い影響を与え、有効です。