1. >>
  2. >>
  3. 保険のポイント

保険のポイント

投稿者:

保犬

ペットには今や保険加入が常識ですがペットは生き物である以上どうしても怪我や病気などの体調不良をしてしまいます。

無責任な飼い主になるとちょっと病気になると面倒になって保健所に回収をお願いするということもあるようですが、最近ではそうした身勝手な飼い主からの依頼は積極的に断る自治体も出てきました。

ペットを飼育するということは命を預かるということなので、最期の日まで自分たちが看取るのだという覚悟をしっかりと持っておくようにしましょう。

とはいえ、犬などのペットの診療は健康保険の適用がなくかかった金額全てを飼い主が負担しなくてはいけません。

そのため長期療養が必要な病気になったり外科手術をしなくてはいけなくなってくると、簡単に数万円~数十万円という金額がかかってきたりします。

かわいいペットに充分に治療を受けさせてあげるためにも、万が一のときにきちんと対応できるペット保険に加入をしておくようにしましょう。

ペット保険の選び方

ここ数年でペット保険を取り扱う業者は急増しています。

人間のための生命保険や傷害保険を取り扱っている大手保険会社だけでなく、ペット保険専門で取り扱う小さな企業もありいきなりどれかに加入しようとしても選び方がわからず混乱をしてしまいます。

ペット保険専用の比較サイトなども登場してきていますが、選ぶときのポイントは意外と簡単です。

まずペット保険の場合、人間向けの保険と異なり実際にかかった医療費のうち100%・70%・50%のように負担割合を選ぶことができるプランをよく見かけます。

完全対応の100%カバー保険の場合保険料がかなり高くなってしまうこともありますが、50%負担で探せば月額保険料の負担はそうでもないということもよくあります。

そうした負担料率を選べるタイプに対応している保険にしておくとさまざまなケースに対応できたり、多頭飼育しているときに一緒に入ることができたりして便利です。

傷病以外の付帯部分にも注目

ペット保険が人間の生命保険や医療保険と異なるのは、実際にそのペットの身に起こる病気や怪我以外にも対応してもらえるプランがあるということです。

保険会社にもよりますが、ほとんどのところでは病気・怪我での診療のほか、そのペットが飼い主以外の人の身体に怪我を負わせてしまったり、ものを壊してしまった場合の補償もしてくれるというプランを用意しています。

それ以外にも事故などにより身体の一部が動かなくなってしまったときの介護用品の購入・レンタルをすることができたり、治療のかいなく亡くなってしまった場合に葬儀費用を保険で負担してもらえたりといったものもあったりします。

保険料だけで比較をしているとそうした便利な付帯部分をつい見落としてしまいますので、ペット保険を選ぶときには細かくオプションプランにも注目をしてみるようにしてください。