1. >>
  2. >>
  3. 僧帽弁閉鎖不全とは

僧帽弁閉鎖不全とは

投稿者:

犬の僧帽弁閉鎖不全とは心臓の僧帽弁が閉じなくなることが原因で血液の逆流が発生してしまう病気です。
僧帽弁閉鎖不全は犬だけではなく人間にも起こりえる病気です。
この病気になりますと呼吸困難や頻繁に咳をするようになり、また外に出て散歩をするのを嫌がったり、散歩をしている途中で疲れて休んだりするようになります。
食欲がなくなったり、腹部が膨らんできたりといった症状もこの病気になると現れます。
僧帽弁閉鎖不全循環器系の病気であるため、血圧が上がりやすい冬場に発症しやすいところは人間と同じです。
この病気にかかって心臓の働きが低下しますと、犬の体に様々な悪影響をおよぼします。

僧帽弁閉鎖不全の怖さ

まず、運動の機能が低下します。
散歩などの運動のためには筋肉に大量の血液を送る必要がありますが、心臓が弱くなるとこれができなくなるのです。
このため、すぐに疲れやすくなってしまいます。
腎臓にも少なからぬダメージがあり、また心臓が弱くなりますと、血液中の老廃物を効率よく排出できなくなるため、合併症として腎臓病にかかるリスクが上昇します。
肝臓も心臓の影響を大きく受けやすい臓器の一つであるため、心臓に異常がありますと一緒にダメージを受けてしまうのです。
また、腸に十分な血液が流れなくなるため、正常に便が出ずに下痢をすることが多くなります。
そして心臓そのものにも血液が残りやすくなってうっ血を起こし、心肥大から心不全に発展してしまうこともあります。

増帽弁閉鎖不全は謎が多い

心臓がうっ血しますと血液中の水分が肺や腹部にも流れ込み、胸水や腹水となってしまう恐れもあるのです。
僧帽弁閉鎖不全が起こる原因は現在のところ不明となっています。
歯周病を起こす細菌が心臓の中に入ることで引き起こされるという説もありますが、因果関係は証明されていません。
この病気の治療には心臓を強くする薬や利尿剤、血管を拡張する薬などが使用されます。
また、飼い主に対しては心臓に負担をかけないよう、できる限り犬を興奮させないように指導します。
散歩をさせるときも、他の犬と出会うことで興奮させることのないように、人が散歩しない時間帯を選んで散歩させるようにするのが効果的です。
心臓を長持ちさせるために運動の制限も行います。
犬が太っているときは減量も同時に実施します。
食事を与えるときは塩分と脂肪分をできるだけ減らしたものを選ぶようにしましょう。
現在では心臓病を持っている犬用のフードも動物病院などで販売されていますので、こういったものを利用するのも有効な治療法の一つです。