1. >>
  2. >>
  3. 認知症
認知症
認知症

認知症

投稿者:

犬にも現れる認知症の症状

長く仲良く一緒に暮らしてきた柴犬が、ときが経つにつれて、家族の顔を忘れていく。
それはとてもつらく、受け入れることは大変なことで、途方に暮れてしまいそうです。
これは柴犬に良く現れると言われる認知症の症状です。

飼われる犬の寿命はかつてに比較すると大幅に伸び、その分高齢化した愛犬が認知症になるリスクが高まっています。
愛犬の柴が認知症になる前に、認知症の知識を身に付けて、できるだけ予防したいものです。

犬の認知症は人間同様、さまざまな要因で脳細胞が死滅したり、働きが鈍くなったりする症状です。
獣医学的には「年齢に伴い学習で修得した行動様式や運動能力が顕著に下がり、飼うことが難しくなる症状」と定義されます。
具体的な症状は、呼んでも無反応、夜鳴き、トイレの失敗などです。

延びる犬の寿命に伴い増える認知症

ペットフード協会が実施した調査では、ペットの犬の平均寿命は14才弱との結果が出ています。
獣医療技術が進み、食事のペットフードの改良で、年々延びる一途のようです。
飼い主と愛犬が仲良く一緒に過ごす月日が伸びるのは嬉しいことですが、一方で高齢化の愛犬が認知症となるリスクも高まってきました。
若年期までは元気で健康な犬も、老化に伴い体は衰え、認知症のリスクから逃れられる保証はありません。

認知症にかかりやすい日本犬

この疾患にかかるのは大半が日本犬で、とりわけ、柴犬や柴の血統がかかることが知られています。
発症年齢は多くは10才を過ぎた年齢とされます。

日本犬が認知症を発症しやすい理由としては、食事の内容が、魚類中心から肉類を含むドッグフード中心へ変化したことが挙げられます。
日本犬の歴史は古く、縄文時代から人とともに暮らす日本犬は、長い歴史の中で魚の不飽和脂肪酸を利用する機能を体質として作り上げてきました。
ところが、1960年代頃から日本人の食生活も欧米風に魚中心から肉中心に変わります。
それと同時に、犬の食事も牛肉中心のドッグフードに変わり、この食生活の激変が認知症のリスクを高めたと言われているのです。

日本人はもともと魚中心の食生活を送っており、太古の昔から人間の側で暮らしていた日本犬たちも、人間の食べ物と同じだったはずです。
歴史的見地からも、日本犬は魚中心の食生活に適した体質が出来上がっているのです。

予防や治療も人と同じ

残念ながら、現段階では人間の認知症と同様、完治は困難ですが、発症の予防や進行を防ぐことはできます。
認知症は放置すれば進行が進みますので、予防に加え、異常に気づいたら早期に対応することが重要です。

柴犬の認知症の予防や進行を防ぐには、魚由来の脂肪であるDHAやEPAを積極的に摂取することが有効です。
また、脳に刺激を与えることが必要ですので、長期間ほったらかしにしてはいけません。
ビタミンEなどの抗酸化物質を食事に取り入れることも大切です。