1. >>
  2. >>
  3. 柴犬のガン予防やガンになったときの治療法

柴犬のガン予防やガンになったときの治療法

投稿者:

点滴ペットは家族同様にとても大切な存在となっていますが、
それゆえにいつまでも健康で長生きできるよう、健康管理には気をつけてあげたいものです。

ペットの中でも特に犬は昔から変わらずに人気が高いですが、その中でも柴犬は賢く、
飼い易い犬として知られています。
そして柴犬は丈夫であることでも知られていますが、
やはり病気になってしまうことがありますので、健康管理はしっかりしてあげましょう。

犬の病気にも様々な種類がありますが、その中でも特に怖い病気はやはりガンです。
最近はペットの医療も進化しており、癌治療についてもかなり進んでいますが、
それでも一度ガンと診断されるとペットにはかなり体の負担となってしまうものです。
柴犬のガンを予防するためには、まずは日頃の食事が大切ですので、
ペットフードなどもできるだけ高品質なものを選んであげましょう。

予防と早期発見

犬は雑食で人間の食べ物も喜びますが、人間の食べ物は動物には味が濃すぎ、
また多くの添加物が含まれていますので、ペットの体には負担となりますので、与えないよう心がけましょう。
そして薬品などが体に付くことも病気の原因となってしまいますので、
農薬などを散布したときは近づけないよう気をつけてください。

そして、太りすぎや運動不足にならないよう、体型の管理や運動はしっかりと行ってあげたいものです。
さらに日頃からスキンシップを取ってあげると病気を早く発見できるようになります。
お腹などを触ってしこりなどがないか時々チェックしてください。
さらに動物病院での定期検診を受けておけば、血液検査も行ってもらえますし、
レントゲンや触診も行ってもらうことができますのでより早く病気を発見することができるでしょう。

そして、ガンと診断された場合の治療としては、まずは悪い部分を取り除く外科手術が選ばれることが多く、
さらに放射線療法や抗がん剤治療なども行われており、基本的には人間のガン治療と同じように行われます。
そしてかなり症状が進んでしまっている場合などはサプリメントなどの代替医療で対応していくこともあります。

がん治療の進化

また、まだ提供している動物病院は少ないですが、ペットの免疫細胞療法を行っている病院もあるそうです。
病気の進行具合によって対応される治療方法は違ってきますので、
医師としっかり相談して最適な治療方法を見つけていきましょう。
そしてどんな病気も進行してからだとそれだけ治療が難しくなってしまいますので、
できるだけ早期に発見できるよう日頃から注意してあげたいものです。