1. >>
  2. >>
  3. 日本を代表する柴犬の歴史を学ぶ

日本を代表する柴犬の歴史を学ぶ

投稿者:

古くから日本に住んでいる犬の中で代表的な犬種が「柴犬」です。
飼い主に大変、忠実で無駄吠えをあまりしまないという性質のため大変多くの数が飼われています。
元々は猟犬として山岳地帯で小動物や鳥の狩猟につかわれていたため、闘志もあり、感覚も鋭く番犬としても優秀な犬です。
また、国の天然記念物に指定された日本犬種(柴犬、秋田犬、甲斐犬、紀州犬、四国犬、北海道犬、越の犬、このうち「越の犬」の純血種は途絶えています)の中では、最も多く飼育されています。
この犬の歴史を見てみると、縄文時代から人間に飼われて、縄文人と共に狩猟をしていたと考えられています。
それは、縄文時代の貝塚等の遺跡で埋葬されている犬の骨を調べてみると、大部分の骨では、柴系の特徴を有することからです。
また中には間とともに埋葬されている犬の骨もあることから、縄文人の中にも、いわゆるペットとして犬を飼育していた人もいたのかもしれません。
そのようなことから、古くから山岳地帯を中心として本州各地で猟犬として飼われ、主に鳥や小動物の狩猟に利用されていたようですが、時には大型動物のイノシシを狩ることもあったようです。

近代の柴犬

さらに猟銃が使われるようになった時代においても、ウサギ猟やキツネ猟などでも用いられています。
かつては、信州の川上犬、保科犬、戸隠犬、美濃の美濃柴、山陰の石州犬や因幡犬などと呼ばれる特定の地域のみで飼育される、いわゆる「地犬(じいぬ)」として、地域によって犬種が分かれていましたが、昭和初期の保存運動の中で、現在の柴犬は、島根産の石号と四国産のコロ号を交配したアカ号の子孫が長野県にて繁殖されたものが源流であることため、天然記念物に指定された7犬種の中でも秋田犬のように地方名がつけられていません。
第二次世界大戦後には数が激減したことに追い打ちをかけるように、1952年(昭和27年)に犬ジステンパーが流行したことによって頭数が10分の1になってしまいました。
このような絶滅の危機に瀕したため、絶滅の危機を乗り越えるため、山岳地方に住む骨格がしっかりした犬と、その他の地方の比較的きゃしゃなタイプの犬とを交配するといった対策を講じました。

現代の柴犬

さらに、1954年にはアメリカへも持ち込まれたことから、1993年にはAKC(American Kennel Club、アメリカンケネルクラブ)に認定された犬種となり、アメリカでも人気のある犬種となり、現在でもその人気はどんどん上昇し続けているとのことです。
このような歴史がある犬種ですが、最近、日本では豆柴・小柴あるいはミニ柴等という名前で小型犬が販売されて人気があるようです。
これは近親交配を重ねて小型の柴犬を矮化したり、食事を与えずに成長させないというような人為的な方法で生み出された犬であることから、日本犬保存会、ジャパンケンネルクラブなどの、日本の主要な登録機関では豆柴等の犬種は公認していませんので、ご注意下さい。