1. >>
  2. >>
  3. 二種類の柴犬
二種類の柴犬
二種類の柴犬

二種類の柴犬

投稿者:

日本を代表するイヌ柴犬の歴史

柴犬は日本で最もポピュラーな日本犬と言えます。
犬も歩けば棒に当たるではありませんが、道を歩けば柴犬に当たる、と言えるほどよく散歩している姿を見かけます。
国外においても日本的な体形・表情が好まれて、「シバ・ドッグ」などと呼ばれ人気となっています。

柴犬は古来より、日本土着の小型犬でその先祖は東南アジア方面から渡ってきたようです。
昭和11年に柴犬は国の「天然記念物」に指定されており、名実ともに日本を代表するイヌなのです。

柴犬の性格を形成した日本列島の環境

太古の縄文時代より柴犬は、国内の主に山地で兎などの小動物を捕まえる猟犬で、人間のパートナーとして飼われました。
他の日本犬と比較すると山地育ちのため、冬の寒さにも強く、粗食でも忍耐力があります。
そんな柴犬は四季のある日本の風景にマッチするだけでなく、日本の気候に適した体質となり、季節が変化しても対応でき健康に過ごせるのです。
それゆえ、柴犬は遺伝的な疾患も少なく、初めて犬を飼う方にも飼いやすい犬なのです。

一般に、柴犬は野性味が強く残り、犬の先祖である狼に似た顔つきをしています。
猟犬として激しい闘争心を持ち、ときには熊や猪にも立ち向かい、倒すことを目的に育てられた犬種なので、勇猛さと強い精神力が要求された犬種でもあります。

ただ、近年は、繁殖家達の研究の成果で、社交的な柴犬も出てきました。
仔犬時代から色んな人や他の犬との接触など社会環境に慣れさせることで、人懐っこい社交性を持った柴犬に育てることができるのです。
また、その我慢強さや賢さ、家族との絆、変化への順応性など、日本人のよい特徴をかねそなえた理想的な日本犬と言っても過言ではありません。

柴犬には2種類存在する

柴犬の外見は、素朴で、小柄ですがガッチリとしており、バランスのとれた、凛々しい風貌が魅力的です。
ピンと立った耳、クルリとした巻き尾も特徴で、賢さと敏捷さをあらわしています。

そんな柴犬ですが、実は2種類のシバが存在します。
1種類目は、現代風に可愛く育てられた「たぬき顔」と言われる鼻の短い柴犬。
2種類目は、昔風の顔つきで「きつね顔」、鼻先が平坦で長く、面長で細い顔、狼に似た顔つきをしており縄文柴と呼ばれます。
また、縄文柴はたぬき顔の柴に比べ歯が若干大きいという特色を持ちますが、血統的に狼に近いせいで野性の名残でしょう。

柴犬の祖先が縄文時代には存在したとされるのは、発掘された骨が現代の日本犬に骨格・体型が似ているからです。
発掘された当時の犬に体型、顔つきが似た柴犬を縄文柴と呼ぶのです。

この縄文柴の昔の姿を純血化し、保存しようとする趣旨で、「柴犬保存会」が研究・繁殖活動を行っています。
しかし、未だ「キツネ顔」の柴犬は、柴犬全体の頭数のわずか2%に過ぎないのです。