1. >>
  2. >>
  3. 展覧会に行ってみよう

展覧会に行ってみよう

投稿者:

柴犬の展覧会に行ってみませんか?

実は、柴犬を含めた日本犬には展覧会があります。
この展覧会では、もうけられた審査基準にどれだけ近い犬かどうかが競われます。
日本犬は絶滅寸前の危惧種も多いために、それぞれにきちんとした審査基準を設けて「日本犬の基準」を定めています。

ブリーダーにとって、この審査基準にできるだけ近い犬を育てるというのは非常に重要なこと。そのために、日々飼育に気を付けているばかりかしつけに関してもきちんと行い、どこにだしても恥ずかしくない犬に育てています。この展覧会は、そんなブリーダーたちの苦労が報われるでもあるのです。

こうやって展覧会に出すというのは、きちんとした意味があることです。
そのブリーダーがいかに質の良い日本犬を育てているかという証拠になることはもちろんですが、「より日本犬の基準を満たすブリーダーが増えることで、質のいい日本犬がたくさん誕生する」というメリットがあります。

数が減っていると言われる日本犬を、より正しい姿で後の世の中に残していくことは、私たちの責務であるともいえるかもしれません。そのことを考えれば、柴犬の展覧会というのは「ただ単に一番いい犬を決める」とか「どの柴犬が良い犬なのかをしる」にとどまらないことがわかるでしょう。きちんと意味があることなのです。

展覧会を多くの人に知ってもらう意味

この展覧会を多くの人に知ってもらう意味もあります。
今は洋犬・とくに小型犬が非常に人気で、日本犬への注目は高いとは言えません。
そんななかで、日本犬の良さを知ってもらう機会がどんどん減少してしまっています。
でも、展覧会にはたくさんの日本犬がきますし、そこにいるだけで日本犬の良さを知ってもらうことができるでしょう。

また「日本犬って、こんな基準で審査されるんだ」という勉強にもなります。
どんな日本犬がいいとされているのか、どんな日本犬がベストとされているのか、そんなことを知りたいと考えている人にはおすすめですね。

全国で行われる柴犬の審査

柴犬の審査は、全国で実施されています。
それぞれの地域で実施されていますので、ぜひともお近くの会場を調べてみてください。
柴犬だけでなく他の日本犬に関してもきちんと審査が行われるため、この審査をみてみると面白いかもしれません。

柴犬を含めた日本犬は、今後の日本に絶対に残しておかなければならないものです。
既に絶滅してしまった日本犬もいますが、これ以上日本犬が減ることがないように人間が守っていく必要があるでしょう。そのためには、私たちが日本犬についてきちんと学んでいく必要があります。ぜひ「日本犬がどんなものか」を学び、その伝統を守る取り組みについてもきちんと学んでみてくださいね。