1. >>
  2. >>
  3. 犬が怒り出す理由

犬が怒り出す理由

投稿者:

犬が怒る理由、怒りのシグナル

犬は人間とともに生活をしてきた期間が長い動物であることから、飼い主の言うことには忠実に従う性質があります。
しかし本来は狼の仲間であり、時と場合により激しい怒りの感情とともに強烈な攻撃をしかけたりします。

どんなに温和な犬であっても野生のスイッチは必ず犬の本能の中にありますので、飼育をしていくときにはきちんとその部分を飼い主さんが制御していかないといけません。

犬が怒りを感じる理由は代表的なものが3つ挙げられます。
すなわち「本能的に危険を感じたとき」「過去の記憶で嫌な感情を持ったことを再びさせられそうになった時」「遺伝的に嫌だと感じることをさせられたとき」です。

基本的には犬は素直でシンプルな性格をしているので、怒りの感情を向けている場合その理由を探るのは難しいことではありません。
ただしその原因をどのように取り除くかや、取り除いたからすぐに怒りが収まるかということはまた別の問題になります。

人間でも「アングリーマネジメント」という言葉があるように、感情を上手に制御していくということが社会生活では重要になってきます。
犬の場合はそのマネジメントをしてあげるのは飼い主さんの役割になりますので、何らかの原因で犬が怒りを感じたとしてもそれがすぐに外敵への攻撃につながらないようにトレーニングをしていきましょう。

そのためにはまず犬が怒りを感じたときに見せるシグナルをキャッチすることから始めます。
犬は怒りを感じた時、まず体を緊張させて身構えます。
そのため最初に視線をずらしたり、嫌な対象にそっぽを向かせたりといった態度をとります。

さらに怒りが進行してくるとしっぽがいつもと違った動きをするようになり、背中の被毛が逆立ち、また顔全体にシワがよってきます。
激しく怒りを感じた時には牙を向いて「ウゥー」と低い唸り声を上げて臨戦態勢になりますので、そうなる前におさえてあげるようにしましょう。

怒りやすい犬になってしまう原因と対処法

犬種により感情を表に出しやすい犬とそうではない犬とがいます。
しかしどの犬種でも、子犬の時期の育て方によってはすぐに周囲に飛びかかったり破壊行為をしたりするようになります。

飼育中の犬で最も多い怒りは「嫌なことをさせられそうになった」ということです。
具体的にはエサをおあずけされたり、遊びたいのにケージに入るように言われた、または散歩から自宅に帰ろうとしたといった時などです。
しかしこれらは犬にとっては嫌なことでも社会生活では必要不可欠な動作でもあるので、子犬の時からトレーニングですぐに怒りにならないようにしていく必要ががあります。

子犬の時に適切にトレーニングをしていれば成犬になっても怒りのコントロールをしやすくなります。