1. >>
  2. >>
  3. 犬が「掘る」理由

犬が「掘る」理由

投稿者:

犬が掘るパターンと理由

犬や、犬に近い種類の動物たちはほとんどが地面を掘るという動作を好んで行います。
屋外で飼育している犬が、しょっちゅう庭先の土を掘り返すということもよくある光景で、室内飼育であっても土の感触によく似たシーツやカーペットを熱心に掘ろうとひっかく様子が見られます。

この掘るという動作は犬に生まれつき本能として備わっているものなので、特に親犬や飼い主さんが教えなくてもいつの間にかするようになっています。

まずなぜ犬が土を掘りたがるかということを説明していくと、まず第一に考えられるのが遊びとして行うということです。
犬のルーツはいくつかありますが、特に元猟犬として活躍をしてきたタイプの犬は、飼い主さんの命令に従って穴の中にいる小動物を追い出すという仕事を長年行ってきました。
そこから穴を掘るという行動が習性になっており、それをするということ自体を楽しんでいるということがよくあります。

この楽しみに感覚的には近いですが、ストレスが溜まったときに床を彫りたがるというケースもあります。
散歩に行けなくて運動不足になっていたり、飼い主さんが一緒に遊んでくれなくてずっと室内でじっとしていた時などストレスが溜まったときにそれを解消する目的で床堀をしたがることがあるようです。

気持ちを落ち着けるためのことと言えますが、逆に言えばわけもなくしょっちゅう床を掘るような仕草をしている犬はかなり不満が溜まっていることになりますので、ドッグランなど思い切り体を動かせる場所に連れていくなどした方がよいでしょう。

屋外で飼育している犬などは、その庭先が自分にとってのテリトリーになっていたりします。
その場合、例えばお気に入りのおもちゃや好きな食べ物などを隠す目的で庭を掘って中に入れることがあります。

よくディズニー・アニメなどで大好物の骨をもらった犬が犬小屋の近くに穴をほって埋めるという描写がありますが、それも実際の犬で見られる行動です。

室内で生活をしているときの穴掘り目的と掘り方

室内で生活をしている犬にとっては、純粋に土を掘り返すという作業はできません。
そのためフローリングをカリカリと激しくかきむしるような仕草をしたり、毛布などをひっかいてぐちゃぐちゃにするというような行動を行います。

これらは前述をしたような意図があってやっているのですが、そのまま放置をしていると室内に傷をつけてしまったりくせになってしまったりします。
ですのでやってはいけないところでの穴掘りは禁止をしたりして「掘っても特によいことはないよ」ということを教えてあげる必要があります。

犬にとって掘る動作は本能的なものですが、必ずしもやらなくてはいけないことではありませんので、室内では上手にそのあたりトレーニングしてあげてください。