1. >>
  2. >>
  3. 犬とお茶

犬とお茶

投稿者:

緑茶

お茶は犬にとって危険な場合も

有名なキャラクターに「お茶犬」がいますが、実際には犬にとってはお茶はあまり身体によい飲み物ではありません。

私達は普段「お茶」と分類されるものを特に意識することなく好みや気分で飲み分けをしますが、実際にはお茶にはいくつかの分類があり、含まれる成分にも大きな差が見られたりします。

日本で代表的なお茶としては緑茶や烏龍茶、紅茶といったものがありますが、これらはお茶っ葉の加工をするときに全く違った手順がとられます。

ただいずれのお茶にもカフェインという成分が必ず含まれているので、それが犬にとっては身体によくない作用を及ぼしてきます。

カフェインの他にもお茶の中には複数のミネラル分が含有されていることがよくあり、これが犬の体内に蓄積されると結石を作ってしまったり内臓に大きな負担をかけてしまったりします。

結論としてはお茶の大半は犬という動物にとって有害なものであるので、特に犬用として販売されているものを除きできるだけ口に入らないようにしてあげるのが最善です。

薬として使用できるお茶もあります

基本的には有害なお茶ですが、種類によっては犬の病気や健康状態をよくすることに使えるものもあります。

最初に説明をしたようにカフェインが入っているお茶は全般的に犬に興奮作用をもたらし、濃度が高くなるとひきつけや痙攣の原因になってしまうので全般的に飲まないことが望ましいです。

ですので犬が飲めるお茶としてはまずノンカフェインであることが最初の条件となります。

ノンカフェインティーは人間向けの製品としても最近よく見かけることができるようになっていますが、中でも犬によい影響を与えるものとして挙げられるのがルイボスティーやハーブティーといったものです。

また黒豆茶のようにお茶っ葉ではなく豆類など穀物から作ったお茶もカフェインがなく、身体によい栄養成分を多く含んでいます。

ハーブティーやルイボスティーは植物をそのままお茶にしたものですが、それらを飲むことで体内の免疫力を高めたり、血行をよくしてくれる働きがあります。

高齢化した犬は人間と同じく代謝が全体的に悪くなり、筋力や血管の動きが悪くなってきますのでそうしたものを少しずつ飲むようにすることで健康効果を得ることができます。

またリラックス効果をもたらしてくれる種類のお茶も犬の精神的ストレスを減らすのに役立つことがわかっています。

分量には注意をしましょう

しかしいくら身体によいお茶といっても、犬はもともと人間と違いお茶を毎日口にするという習慣を持たない動物です。

ですので人間と同じ状態で与えてしまってはせっかくの健康効果も台無しになってしまいます。

犬に与える場合には人間用よりも2~3倍に薄めたものを用い、温度は常温に戻してから与えるようにします。

分量もカップ一杯飲む必要はなく、スプーンで数杯くらいでも充分です。

基本的に犬はお茶全般を毒物として認識をしますので、飲み残しなどがあってもめったに口にすることはないでしょう。

ですが場合によっては誤って口にして突然体調をくずすということもあるので、室内で犬を飼育されている家庭ではすぐ犬の口にはいるような場所に飲み残しを置きっぱなしにしないよう気をつけましょう。