1. >>
  2. >>
  3. 食事について

食事について

投稿者:

柴犬の食事ってどんな食事なの?

柴犬は非常に我慢強い犬です。
食糧難の時代には、本当に少ない量の食生活でも生き延びることができた種でもあります。
でも、現代は食料が豊富にある時代ですから、それを考えれば「きちんとバランスのいい食事を与える」ということが必要になるでしょう。
かといって、なんでもかんでも与えればいいというものではありません。
きちんと栄養バランスがとれたものを食べさせないと、体を壊してしまうというのは人も犬も同じですからね。
では、どんな食事がいいのかについて記述をしてみたいと思います。

脂肪はできるだけ減らしましょう

まず、肉や魚の場合はきちんと脂を抜いてあげることが大事です。
動物性の脂肪をたくさん取りすぎてしまうと、どうしても太りやすくなりますし体を壊しやすくもなります。
そのことを考えると、やはり脂を抜いて挙げましょう。
金網の上で肉や魚をやくと、しっかりと脂抜きをすることができるのでオススメ。また、肉の場合は白い脂身を切り落とすことで抜くことができます。水で一度脂を抜いてから役という方法もありますね。

味付けは濃くないように

そして気を付けたいのが「味付け」です。潮やしょうゆ、みそなどを使いすぎると味がどうしても濃くなってしまいますよね。そうなると体を壊す原因になってしまいますので、薄目を心がけましょう。
犬に必要な塩分は、だいたい人間の3~5分の1と言われていますので、かなり薄い味でいいことが解るでしょう。

何度か味見をして、きちんと薄味になっているかどうかを確認して与える必要がありますね。
味付けに関しては、日ごろから気を付ける必要がありますので念入りにチェックをしてみてください。

でも、子犬の場合は脂肪も必要

しかし、エサを食べるのが子犬の場合はある程度の脂肪が必要です。
小さい時は本当にたくさんの栄養が必要になりますので、脂肪をとることができる様にして必要があります。
子犬の場合は脂肪をとりすぎず、ある程度は与える様にして下さいね。

簡単なレシピ

犬のおやつに、小麦粉とオリーブオイルだけで作れるクッキーはどうですか?
小麦粉を水で練ってオリーブオイルを混ぜ、しばらく置いたら綿棒で伸ばして切ってフランパンで焼くだけです。オーブンではなくフライパンで焼き上げることができる、というのがポイントですね。本当に楽に作ることができるクッキーですので、ぜひチャレンジをしてみて下さいね。

たまのおやつは犬も喜びますし、手作りなら安心したものを与えることができるのが魅力です。
このクッキーを作った人のレビューによると、飼い犬にはとても好評だったそうなので、ぜひともクッキーづくりにチャレンジをしてみてくださいね。ワンちゃんが喜んでくれたらいいですね。