1. >>
  2. >>
  3. 食事で大切なこと

食事で大切なこと

投稿者:

柴犬といえば、その昔は粗食でも平気な犬として有名でした。
しかしそれは、あくまで食料が乏しかった時代のお話。
現在のように、十分な食べ物がある時代であれば、柴犬とて、満足な食事を与えたいものですよね。
十分な食べ物がない時代には、柴犬側ももしかしたら、
好き嫌いなど言っていられない状況だったかもしれません。
しかし現在では、柴犬とて、好き嫌いがあります。
食べたくないものは食べたくないのです。

偏食

しかし、飼い主からすると、柴犬の好き嫌いや偏食は、とても困ってしまうものですよね。
では、どうすればいいのでしょうか。
よくやりがちなことに、嫌いなものを食べないのであれば、好きなものを与えようということがあります。
しかし柴犬だって馬鹿ではありません。
嫌いなものを食べなければ、好きなものがやがて出てくるということを、学習してしまいます。
これでは、いくら飼い主が頑張って好き嫌いを克服させようとしても、これでは無駄なことが多いものです。
それを続けていると、犬が病気になるリスクがぐっと高くなってしまいます。
そんなことにならないためには、根気強く栄養価の高いバランスの取れた食事を与え続けることです。

好き嫌いと同じくらい気をつけたいのが、柴犬の偏食です。
嫌いなものはとくにないのだが、好きなものしか食べないというものです。
直ちに困るというわけではありませんが、直しておきたいところです。
ではこの場合どうすればいいのかというと、もし食べないようでしたら、
食器ごとすぐに片付けてしまい、食事を終了させることです。
食べるまで食器を置きっぱなしにしていてはいけません。
また、食べないからといって、好きなものを与えてもいけません。

ではどうするのかというと、前の食事で残したものを、次の食事でそのまま与えるのです。
そうすることで、「この食事を食べない限り、次の食事は出ない」ということを、柴犬に教え込むのです。
それでも食べないようでしたら、同じ事を繰り返します。
犬というのは、水さえ与えていれば、1日くらいは食べなくても平気です。
大体1日食べなければ、翌日は食べるようになるでしょう。
柴犬の食事で気をつけたいことに、食事のマナーがあります。
「おあずけ」がちゃんとできるかどうかというのが、マナーの中心ですね。

では、このマナーをどうしつければいいのでしょうか。
まずは、犬の首輪にリードをつけます。
そして、いつもの食事ポイントに食器をおきます。
もしその段階で飛びつこうとしたら、「だめ」といいながらリードを引きましょう。
柴犬を座らせて、「おあずけ」といいながら食器をおきましょう。
もしその段階で食べようとしたら、「おあずけ」といって、リードを強く引きましょう。
これによって、柴犬に「おあずけ」の意味を教え込むのです。
待つことができたら、「よし」といって食べさせましょう。

【参考サイト】

犬はどんな味、どんな食べ物を好むのか?:http://www.kao.co.jp/pet/dog/science/sdog/sdog02.html

その際に、ほめてあげると、
犬は「こうすればほめられる上に喜んでもらえるのか」と思うようになりますよ。