1. >>
  2. >>
  3. 抜け毛処理

抜け毛処理

投稿者:

学ぼう、犬の抜け毛処理

犬を飼う場合、やはり最低限「犬の抜け毛処理」をしなくてはなりません。
犬は、毛が生え変わる時期になるとごっそりと毛が抜けます。その量はなんと山ができるほどと言われていますので、抜け毛対策は必ず必要です。

特に毛の長い犬を飼っている場合はしっかりとした抜け毛対策が必要になりますので注意しなければなりません。
ここで、犬の抜け毛処理について学んでいきましょう。

きちんと掃除をしましょう

まず、犬の毛をとるために毎日掃除をすることが大事です。
毛がたくさん抜ける時期じゃなくても、犬の毛は結構な量が抜けてしまうもの。

そのことを考えると、やはり「きちんと犬の毛を処理する」ということは衛生的な観念から必要なことになります。犬の毛がアレルギーの人の場合は、毛にふれるとアレルギー症状が出る可能性があります。

家にいる人が犬の毛アレルギーではなくても、もしかすると訪れる人がアレルギーかもしれません。そのことをかんがえると、やはり毎日しっかりと掃除をしておくことが必要になるでしょう。
掃除はきちんとする、それが基本中の基本です。

外に出るときは、犬の毛をチェック

犬の毛というのは、知らないうちに洋服についていることがあるものです。
そのまま出てしまうと、もしかしたら人に犬の毛をまき散らしてしまうかもしれません。

相手が犬アレルギーだと、それはとても失礼な行為になってしまいます。悪気はなくても嫌な思いをさせてしまうことがありますので、そのことを考えれば出かける前には「きちんと毛がついていないかをチェックしてから外に出る」という必要があるでしょう。

外に出るときはきちんと毛をチェックして出ることが大事です。
ガムテープなどでしっかり毛をとってから出かけて下さいね。

ブラッシングは絶対に外でしないこと

まず、外でブラッシングをするのはやめましょう。
そうじゃないと、知らないうちに犬の毛を外にまき散らしてしまいます。

実は、犬の毛というのは「迷惑なもの」のランキングに常に掲載されるほど嫌がられるものですので、外に出るときはできるだけまき散らさないという工夫が必要になります。ブラッシングは絶対に外ではしない。そのことをきちんと知った上でやらない選択をすることが大事ですね。

犬の毛は人に迷惑をかけるということを意識した上で、きちんと犬の毛を処理することができる様にしましょう。
特に、犬の毛がたくさん落ちる時期には「犬の毛を外に持ち出さないようにする」ということが大事になりますので、必ず意識をしてみてくださいね。

ブラッシングの重要性はもちろんですが、それを外でするというのは絶対にNGであるということです。注意しましょう。