1. >>
  2. >>
  3. トイレトレーニング

トイレトレーニング

投稿者:

トイレット

犬のトイレトレーニングはどうする?

犬を飼っていて困るのが、トイレトレーニング。

猫の場合、わりと早くにトイレを覚えてトイレトレーニングを完了させることができるようですが、犬の場合は「しっぱいばかりで本当にトイレを覚えてくれるのだろうか」という悩みを吐露している人も少なくありません。

トイレトレーニングは覚えるのは難しいですが、それでもきちんとトイレだけは覚えさせておかないと、犬と一緒に共存をするということが難しくなってしまいますよね。だからこそ、きちんと方法を選んで「トイレトレーニングをできるようにしておく」ということが必要になります。

では、トイレトレーニングはどうしたらいいのでしょうか?
犬のトイレトレーニングはとても難しいですが、できるだけ成功率の高いトイレトレーニングの方法を考えてみましょう。

ケージを使ってのトイレトレーニング

犬のトイレトレーニングにいいとされているのが、「クレート(ケージ)」を使って行うトイレトレーニング。
いろいろなところで、このクレートを使ったトイレトレーニングが紹介されています。

まずは犬が住む場所になりそうなクレートを用意してみて下さい。
そして、このクレートを巣箱として認識させます。無理やり入れると嫌になるので、犬のおやつや好きな玩具などを入れておいて「ここは楽しい場所なんだよ」と認識させるようにしてください。

そのうち、犬はそこで自分でくつろぐようになるでしょう。
そうなったら、そことは別にトイレ用のケージを作ります。
犬が排泄しそうだなと思ったら、トイレ用のケージに連れて行ってそこでトイレをさせましょう。

そして、その後はそこでトイレをできたことを褒めたり、ご褒美をあげましょう。犬は賢いですから、こういうことを繰り返しているうちに「ここがトイレなんだ」ということを認識するようになります。
もちろん、焦らず少しずつすることが重要。
しっかりとトイレトレーニングをしてみて下さいね。

失敗しても怒らないようにする

トイレトレーニングで重要なのは、しっぱいしても怒らないようにするということ。
なかなかトイレが成功しないときも、怒ることはなくそっと場所を教えてあげること。叱ることも必要ですが、あまりにも激しくやりすぎると犬は恐怖を覚えてますます失敗を繰り返すようになります。

このあたりは人間の子どもと同じですので、できればストレスがかからない方法を選んであげるようにしてください。ストレスがたまると、できることもできなくなってしまう傾向がありますので、そこはしっかりと「褒めて育てるということを基本にしてあげてくださいね。この辺りは人間も犬も変わらないのかもしれませんね。